艦これ 南方海域

艦これ第二期 5-3 Pマスを利用したレベリング考察

せっかくなので5-3-Pマスレベリングと5-2レベリング方法とを比較してみようという企画です。5-3-Pについてはいろいろと編成や装備に工夫をしている提督も多いので、それらを参考にしてみました。

マップ

能動文期のOマスからPマスを指定します。

編成とルート

取るべきルートはD→G→I→O→Pとなります。お試しということともあるので、軽巡1+駆逐5の水雷戦隊で10回ほど廻ってみることにします。今回はMaestraleを改二にするのが目的ので旗艦に据え連撃仕様、随伴艦の装備は見張員+電探+魚雷とします。随伴艦は改二の駆逐艦の練度上げも兼ねてここ1年で改二改修された艦を選択。夜偵を装備できない名取で良いのかどうか悩みましたが実験なので良しとします。なお、長門やネルソンを主軸とした編成例もネット上に多く紹介されていますが、旗艦MVPを取らせるのが主旨なので、今回は割愛します。

結果

1回目:IマスA勝利、PマスS勝利、MVPは白露(6番目)でした。

2回目:Iマスで大破撤退、T字有利を引くとボロボロになります。バケツ3個を消費。

3回目:名取を那珂改二に変更、夜偵+見張員+魚雷を装備し、敵の夜戦火力を軽減をもくろみましたがIマスでは夜偵がとばず浜風中破。PマスはA勝利、火力不足ですかね?バケツ1消費、MVPはやっぱり白露でした。

4回目:Iマスで白露大破撤退、バケツ1個消費。夜偵は出撃したものの効果なし(笑)

5回目:IマスA勝利、PマスA勝利、MVPは陽炎。なかなかMaestraleがMVPを取れません・・・

6回目:またも白露が大破、いい加減この実験やめたくなってきたな・・・。バケツ1個消費

7回目:Iマスで中破2隻でA勝利、PマスA勝利、バケツ2個消費

8回目:Iマスで夜偵発動せず大破2隻、中破1隻。もうどうにもならんな・・・バケツ3個消費。

というわけで10回の予定でしたが8回で終了。ここは長門かネルソンの育成場所が最適ではないかと思うぐらいの結果でした。

1周するのに約4分、疲労回復時間も考慮すると連続出撃ができません。3組ほど作成してローテーションするのが良いと思います。また、軽巡を2隻として川内、神通、那珂のどれかを入れておくのもいいと思います。もう少し練度の高い駆逐艦を使っても良かったのですが、遠征要員も兼ねておりキラ付け済みなのでもったいなかったのです。駆逐艦のレベリングについては後日5-3-Pも含めて検証し直しします。

続編はこちら

-艦これ, 南方海域
-,

© 2020 影猫っすw