Gadget

SHURE SE535 Ltdについて

艦これ攻略の話題からちょっと外れますが所有ヘッドフォンとイヤフォンのことについて。

所有ヘッドホンについて

ヘッドフォンやイヤフォンを多数所持しています。買うたびいつも「これで絶対満足するから最後!」と思うのですが、全然最後になりません。Boseのノイズキャンセルヘッドフォンは特にお気に入りでQuietControl 30 wireless headphonesQuietComfort25など4種を所有しています。音楽を聴くときはSonyのMDR-1AM2をメインに使っています。このヘッドフォンは装着感が気に入っていて、ビデオを観るときにも使います。また、ポータブル機でのリスニングにはSonyのMDR-EX1000を使用することも多いです。EX1000で最後になるかも?と思いましたが、その後さらに迷走します。それとベースの練習の時はMDR-CD900STを使います。スタジオミュージシャンも多用する高耐久力が魅力ですが、音質自体も悪くないと思います。 最近はSHUREのSE535 Limited Editionを使っています。もともとShureのヘッドフォンを使っていたこともあって、お気に入りのメーカーではあるんですが、このイヤフォンは格別です。なんと言っても装着感が素晴らしいのと、耳が疲れない音に尽きると思います。上手く表現できませんが、高音が刺さらず邪魔しない自然な感じであると云うことです。ベースの練習時のモニター用にも使用できますが、前述のMDR-1Aとか真逆で、堅いベースの音になります。余計な肉付けをしていないことの証明でもあります。

SE535 Limited Edition

(画像はSHUREのサイトから) 現在はBluetoothケーブルが付属したバージョンしか販売しない方向らしく、Bluetoothケーブル無しの旧パッケージは在庫が少なくなっています。またBluetoothケーブル付きは結構割高になってます。Bluetoothケーブルについては純正よりも安いケーブルが販売されていますのでそちらを試すのも良いかと思います。

SE535の音質とリケーブル

音質を言葉で語ることは非常に難しいのですが、上記にもあるように高音が刺さらない割に低音の押し出しもなく、聴いていて疲れない音というのが特徴だと思います。MDR-EX1000に比べると低音は出る方です。ヘッドフォンアンプを嚙まさなくてもそれなりの音量が出ます。この辺はゼンハイザーとは違うところです。向いているジャンルは?ということですが、このイヤフォンについてはどのジャンルでもそつなくこなすと思います。MMCXコネクタを持っているのでリケーブルすることも可能です。いろいろ試しましたが同梱の標準ケーブルも悪くないと思います。付属のケーブルは太くて取り回しが気に入らないということであればリケーブルを試すのも良いかと思います。 私のSE535はリケーブルしてイヤーチップもコンプライのT-100をつけています。イヤーチップについては装着性に影響するのでいろいろ試しましたが、定番のコンプライで落ち着きました。バランス化も可能なので、バランス出力できるDAPかヘッドフォンアンプをお持ちの方は是非お試しあれ。

価格について

ネックとなるのは約6万円という価格です。ただ中古市場でもそれなりの数が出ており、状態の良い個体も数多く見つかると思います。新品購入はBluutoothケーブルの有無で在庫を探せば良いと思います。

-Gadget
-, , ,

© 2021 影猫っすw